ビットコインをカテゴリごとに比較 - ビットコインのあれこれを比較してみました

ビットコインをカテゴリごとに比較

今やどこのニュースを見ても仮想通貨について取り上げられています。
仮想通貨とはインターネット上などの電子媒体として扱われる通貨であり、実生活の買い物や投資対象などとして人気が高まっています。
特に価値について取りざたされることも多いですが、将来的には仮想通貨で実生活の支払いをすべて済ませることができるなどと展望も拡大しています。

▼ 目次

歴史も長いビットコイン

そんな仮想通貨の中でもひときわに人気が高いのがビットコインです。
ビットコインは創設されてからの歴史もあり、2017年の価値が大きく高まったことから、仮想通貨元年などと呼ばれることもあります。
これからビットコインを購入してみたいと考えている方も多いでしょう。
まずはビットコインや仮想通貨をカテゴリごとに比較しぜひご自身にあう場所で購入してみましょう。

まず仮想通貨とはどういうカテゴリなのかについておさえておきましょう。
ビットコインをはじめとした仮想通貨と呼ばれるものは新しいお金として注目されています。
しかし現実的なお金である通貨として認められているかというと疑問が残ります。
世界各国ではいまだに通貨として認めるのかという議論がなされています。

またビットコインの創設者の論文には決済システムとして開発されたことが明記されています。
2017年日本においても決済システムのひとつとして認められたことにより、仮想通貨元年などと呼ばれることもあるのです。
そのため法定通貨とは異なり、世界各国で共通の電子マネーと考えるのが良いかもしれませんね。
2009年ごろにビットコインが運用されてから整備が徐々に進んでおり、使用できる範囲も拡大しています。
昔はインターネット上の決済でしか利用できないこともありましたが、現在では店頭でビットコイン支払いができる施設も増えています。

新しいコインについて

またビットコインに追従して新しいコインも続々と増えています。
これらのビットコインのシステムを利用してうまれたコインがアルトコインと呼びます。
アルトコインは2018年現在国内の取引所から購入することができるものは限られています。
しかし世界全体には1000を超えるコインが存在しているなどと言われており、今後もアルトコインが爆発的に増えていくことが考えられています。
ビットコインとシステムを流用しているアルトコイン、このカテゴリ分けについてはしっかりと抑えておきたいですね。

次に仮想通貨のカテゴリ別にチェックしてみましょう。
ビットコインの購入について、一般的には取引を行うことで手にいれることが可能になります。
この取引に関しては現金を用いて行うことが多いです。
ビットコインを受け取ることができるウォレットなどがあれば、その口座へビットコインを持っている方から送金してもらうこともできます。
このような場合の個人間取引については自由に行うことができます。
しかしそのようなビットコインを分けてもらえる環境に無い場合には購入しないと手に入りません。

購入方法

ビットコインを購入する場合、販売所か取引所から手に入れるのが一般的です。
現物取引または信用取引で購入することができます。
現物取引とはビットコインの単位と同額のお金を用意し購入することになります。
例えば1万円分のビットコインを購入する場合、その額に応じたビットコインが手に入ります。
2018年現在の1ビットコインは約120万円程度なので、120万円を用意することで購入することができます。
1ビットコイン以下の単位でも購入することができるため、現実的には100円くらいからでも購入することができるでしょう。

信用取引とは個人の信用情報に基づいてビットコインを購入する方法のことです。
そのため取引所からの審査を受ける必要があり、なおかつその審査を通った方だけのみが利用することができます。
現金を証拠金としてより多くの資金を動かすことができます。
その資金を活用して購入することができますが、現物取引とは異なり個人の所有物とはなりません。
あくまでも取引所内での所有となるため、投資目的として扱うことになるのは注意が必要です。
また購入だけではなく売却での取引で利益を出すことができます。
しかしより多くのお金で取引することになるため証拠金が維持できなくなると大きな損失を被ってしまうこともあるのは抑えておきましょう。

注文の次はビットコインの取引所や販売所を比較してみましょう。
国内でも数多くの取引所や販売所があり、どれを利用するかは個人の判断次第です。
一般的には評価の高さや手数料の少なさ、利用のしやすさなどで選ぶのが良いでしょう。
価格を抑えて売買したい場合には取引所がおすすめです。

管理はしっかりと

ただし利用者数が多いから評価が高いから安心かというとそうではありません。
実際に国内でも大きな問題を起こしてしまった例があります。
もちろん海外でもビットコインが盗まれるという事例はいくつかあります。
これは取引所のシステム上避けられない部分があり、個人がしっかりと管理する必要があるのです。
取引所や販売所を利用する際にはビットコインを保管することができるウォレットも併用するようにしましょう。